2017年3月6日月曜日

[Puredata]Distortus One[Distortion]

かのジョー・サトリアーニは
BOSS DS-1と後のモデルVOX Satchuratorと、
あのノスタルジックなディストーションサウンドを愛用していました。
このディストーションを使う際はToneは絞り気味にしたほうが音がファットになるというのは有名な話。

さて、今回はこのディストーションサウンドを目指すプロジェクトです。
(いやクローンがうまく作れなかったというのが本音ではありますが。。)






トーンの効きの再現が甘いですが、
似たようなクリッピング波形にはどうにかなったような。。
なお、ブースターのように使えるようクリーントーンも出やすくしています。
Distortus Oneは若干コンプレッション感が少ないです(オーディオI/O次第のようではありますが)


手持ちの実機?には
Digitech DF-7のDS-1シミュレーション
Vox Satchurator(DS-1ベースのブティックモデル)
と、肝心のDS-1が無いのですがサイン波を入れてクリッピングを見てみます。
いずれもトーン・ゲイン全開で実験しました。


クリッピングの仕方だけパッと見ただけでは、どれも大差ないですが
倍音の出方が違います。
DF-7<Satchurator<Distortus Oneの順で倍音も増え、固いサウンドになっています。
なお、SatchratorのMoreスイッチはサイン波放り込んでもサウンドに変化ありませんが、
ギター原音を入れるとゲイン増加をより体感できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【Puredata】ノイズゲートの作り方・考え方の備忘録【Noise Gate】

こちら にて作成したノイズゲートの仕組みについて簡単に解説します。 自己流なのであまり細かいところはツッコミ入れないでください。 【ノイズの基本的な処理について】 実際の波形を見ます。 ギターを弾いていない無音部分のはずがサーッというノイズが聞こえる事が多々あります...