2017年4月25日火曜日

[Pduino]タップテンポとテンポに合わせてLED点滅

[Pduino]エフェクトOnOffを物理スイッチで制御&LEDの点灯・消灯
こちらの記事で紹介した、
上記の物理的な回路ですが、
少し工夫を加えれば、
モーメンタリースイッチのタップでテンポ計測し、
テンポに合わせてLEDを点滅させることができます。
エフェクターでいうとタップテンポのディレイ等に応用できます。
※モーメンタリスイッチはクリック感の少ない、軽快に押せるものがオススメです。
深くしっかり押さないといけないタイプだと苦しいです。


タップテンポの計測方法はこちらのフォーラムを参考にしました。

Puredata側はこのようなパッチになっています。
一番左のフローは急造で作ったディレイ回路なのでスルーするとして、
ポイントは右側の[arduino]に繋がるフローです。

左上の[receive Tempo]から[arduino]に繋がるまでの回路は、
LEDをテンポに合わせて点滅させる回路です。
[metro]で点滅させますが、消灯処理が必要になるため、
[delay 10]
|
[digital 13 0(
で消灯させます。
また、[metro]の手前にBangボタンがあるのは、
 テンポが変更した際にLED点滅の挙動がおかしくなるため、
テンポの数字が変更した際に合わせて[metro]をリセットするようBangしています。

[arduino]から下のフローはモーメンタリスイッチのタップでテンポを検出する回路です。
[change]の直後はタップする度に
押した瞬間:1
離した瞬間:0
を吐き出すため、
[moses 1]で1だけを抽出し[trigger b b]に送ります。
後のタップテンポの仕組みはPuredata Forumの通りです。
ここで得たテンポをそのままLED点滅の回路とディレイタイムの回路へ送れば完成です。

※まだ、[trigger]の使い方が自分はヘタクソです。理解が足りない、精進せねば。


0 件のコメント:

コメントを投稿

【Puredata】ノイズゲートの作り方・考え方の備忘録【Noise Gate】

こちら にて作成したノイズゲートの仕組みについて簡単に解説します。 自己流なのであまり細かいところはツッコミ入れないでください。 【ノイズの基本的な処理について】 実際の波形を見ます。 ギターを弾いていない無音部分のはずがサーッというノイズが聞こえる事が多々あります...