2017年4月24日月曜日

[Puredata]vanillaでspigot~を再現する

Puredata-extendedだとspigot~という便利なシグナル切り替えのオブジェクトがあるのですが、
Vanillaだとありません。
ただ、Vanillaでも簡単に再現できることと、
応用すればすぐにラジオボタンでの切り替えにも対応できるのでVanilla機能で作成することをおすすめします。

まずはじめにシンプルな、トグルボタンで切り替えできるspigot~から。

たったこれだけ!
[== トグルボタンの数字]
で1か0かを出力して、そのままシグナルにボリューム調整で*~するだけです。

なお、トグルボタンとラジオボタンの動き方はこちら。



これをもとにさきほどのspigot~も少し応用すれば、、
シグナル3フロー切り替えできるようになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【Puredata】ノイズゲートの作り方・考え方の備忘録【Noise Gate】

こちら にて作成したノイズゲートの仕組みについて簡単に解説します。 自己流なのであまり細かいところはツッコミ入れないでください。 【ノイズの基本的な処理について】 実際の波形を見ます。 ギターを弾いていない無音部分のはずがサーッというノイズが聞こえる事が多々あります...