2017年4月25日火曜日

[Puredata]スライダーのliner増減をlog増減へ変換する[Pduinoでも可]

今回の記事はPuredataのスライダーの増減量をlinからlogに似非変換するTipsです。


上の写真のとおり、スライダーは増減量をlinとlogで選べます。
スライダーのプロパティから変更できますが、
以下の場合では使いづらい場合があります。

・物理的なポテンションメーターは付けてしまえばlogとlinを変更できないが、
エフェクトに合わせてlinとlogを切り替えたい場合

・Puredata内のスライダーについてもスライダー自体は共用にして
複数のエフェクトに合わせてlinとlogを切り替えたい場合

さてこの場合、どう対処するかですが、
ひとまず物理的なポテンションメーター、Puredata内のスライダーを問わず、
Bカーブ(lin)を使ってください。
ポテンションメーター等の変化の範囲が
0≦x≦1
0≦y≦1
の範囲限定になりますが、
以下のカーブのようにそれっぽくではありますが簡易に変換できます。

Bカーブ(liner)
Y=X

Aカーブ
Y=X^3

Dカーブ
Y=X^2

Cカーブ
Y=1 - (X-1)^2


これで可変抵抗を買うときに困ったら、ひとまずBカーブ(liner)で対応できます。

※ただ、Puredataの実際のlogの増減のカーブは
Dカーブよりももっときつい増減な気がするので改良が必要かも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【Puredata】ノイズゲートの作り方・考え方の備忘録【Noise Gate】

こちら にて作成したノイズゲートの仕組みについて簡単に解説します。 自己流なのであまり細かいところはツッコミ入れないでください。 【ノイズの基本的な処理について】 実際の波形を見ます。 ギターを弾いていない無音部分のはずがサーッというノイズが聞こえる事が多々あります...