2017年1月22日日曜日

[PPTP] 電源周りの選定 2 [失敗]


さてPuredata with Pi The Pedal(PPTP)の電源周りについて引き続き手を加えます。

今回失敗したパターンはこちら。


Fetzer Valveの電源を12V直にするのではなく、
秋月電子通商のローノイズ降圧キットを挟んで供給することにしました。

TPS7A4700使用 超ローノイズ・プログラマブル可変電源キット
以前エフェクターのパワーサプライを自作した際に
大変好印象なローノイズぶりだったので
(ほぼ電池並みのローノイズでアダプターからのノイズも消えた!)
今回も頑張ってもらいます。


挟む事でちょっとだけ12Vから電圧が下がりますが、そこは気にしない。が、


、、、結果、改善せず。
Failed Ver1の構成にてプローブでノイズ発生源を追ったところ
Fetzer Valveもノイズを出していたので、
12Vアダプターのノイズかな?とも思いましたが、
(いやそもそもノイズの傾向が違うのでそこで気が付けと思いますが)
今回電源キットを追加しても改善できませんでした。

次回も迷走します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【Puredata】ノイズゲートの作り方・考え方の備忘録【Noise Gate】

こちら にて作成したノイズゲートの仕組みについて簡単に解説します。 自己流なのであまり細かいところはツッコミ入れないでください。 【ノイズの基本的な処理について】 実際の波形を見ます。 ギターを弾いていない無音部分のはずがサーッというノイズが聞こえる事が多々あります...